noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
OTHERS
qrcode
<< 人を動かすには。。。 | main | 10月の朝食会 >>
最新記事一覧
■10月定例ミーティング 『響く』〜共感ビジネス〜

10月定例ミーティング

東京会場 10月 8日(金)18:45〜
沖縄会場 10月16日(土)10:00〜


10月のテーマ

『響く』

〜共感ビジネス〜



5月から、少し勉強会の構成も変えています♪

【1部】 最新野田がお伝えしたいこと

  毎月、野田が気になったこと、気になった会社、気になったお店を
  野田の視点で鋭く解説します!!

 

  共感ビジネス!!を

  野田が勝手分析をしたいと思います〜

 

 

【2部】テーマ別勉強

 今回は

 『響く』


辞書によると

1 音・声があたりに広がり伝わる。

2 反射して聞こえる。反響する。

3 余韻が長く続く。

4 振動が伝わる。

5 世間に広く知られる。

6 心に通じる。また、感覚に訴える。

7 他へ影響が及ぶ。

8 ある意味をもって聞きとれる。


この中で

特に、まとめたのは


6番『心に通じる』

そして

5、7の『他に影響し、世間に広く知られる』

 

ということ。


どうも、


現在、企業、経営というのは


大きく変わってきたような気がします。


20世紀は明確に

企業の目的そして、支持される要因は


【20世紀型】

・メリット
・お得
・安い
・利益

などでお客様も、そして

従業員も企業を選んでいた気がします。


【21世紀型】では

・共感
・スピリット


ということにシフトしつつあるように思えます。


というか、誰もがなんとなくそう感じているのではないでしょうか?


1990年までは

安ければ、すごく売れた。

携帯電話も、ビデオデッキも
高付加機能というメリットで

選んでいた。


それが

2000年前後になると

それに、人とは違う何かという

安くても

デザイン性は捨てがたい


ちょっと高くとも

デザインが良いほうが良いと


IKEAの家具が売れたり

H&Mの服が売れたり


日本の家電でも

amadanaという
http://www.amadana.com/


東芝出身の方が作られた

工場を持たないファブレスメーカーが売れたりしています。


例えばオーブントースターは1万5750円。
量販店ではオーブントースターは3000円前後だが、
それでも月に1200台以上販売。

「十人中十人が欲しい商品ではなく、
 十人中二人に必ず売れる商品作りを目指す」
 (熊本浩志COO)


というように


個性というのが

生活の周りでも重要性を


持ってきた。

 

それまでの日本、世界は

皆と同じ、ハイクラスの人と

同じものという考え方があり

 

生活も

1億中流社会という名が示すとおり


【同じもの】だった


それが、2000年を境に

どうも


■ 生き方(ライフスタイル)


というのが叫ばれ


そして

どんな生き方をしているのかを


表すように

人と違ったデザインを


求めた気がする。

 


まだ、この時代は続くが

 

どうも、2009年ごろから


少しずつ、シフトしてきた考え方は


■ 生き方 → 生きざま


にシフトしてきた気がする。


■ 生き方とは、lifestyle


■ 生き様は、a way of life


という違いのように思えるのです。

 

ということは

これからの企業は

 

他と違うスタイル(外観、外見)ではなく

自分の中の軸(内心)のようなものが


必要になってきて


それが、共感を生むような気がします。


■ 先日北欧に行ってきて


感じたのは


他と違う企業が多いのです。


しかし、スタイルが違うだけとは


何か異なるのです。

 

一番驚いたのは

従業員が


ここの会社を守りたい

ここの会社を残したいと


思っているのです。


これが、


ライフスタイル提案ではなく


ライフウェイ(way of life)提案の違い


のような気がします。


■ 1990年までは

  経営に必要な要素は


  人 ・ もの ・ お金


 でした


■ 1990年〜2009年までは


  人 ・ もの ・ お金 ・ 情報


 だった気がします。

 

■ そして、これからは


  人 ・ もの ・ お金 ・ 情報 ・ スピリット


 のような気がします。

 


共感するビジネス。


共感できる企業。


共感できる組織。

 

それは、何か?

 

当日はこの切り口で

詳しくお話します!!


お楽しみに

 

 当日、お待ちしています!!


勉強会のお申込みは2通りの中から
1)ビジネスサークルに入会する方法(毎月1万円) 
  → 
http://noda-net.com/bc.html
  (欠席時CD郵送)
 
2)1回ごと申込む(1回 1万5千円)
  → 
http://nodanote.noda-net.com/?eid=549814

【日時】 東京会場 10月 8日(金)18:45〜
     沖縄会場 10月16日(土)10:00〜

    ※東京、沖縄とも勉強会終了後、懇親会あり

 
     
【費用】 会員(会費充当) 非会員 15,000円

     懇親会 実費(5千円程度)


【場所】 東京 品川イーストワン21F
         → 
http://www.e-onetower.com/access/index.html

     沖縄 那覇市 沖縄県産業支援センター
         → 
http://www.okinawa-sangyoushien.co.jp/modules/tinyd01/index.php?id=4



           感謝!!のだ

| ◆ビジネスサークル経営者勉強会 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://nodanote.noda-net.com/trackback/995723