noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
OTHERS
qrcode
<< 料理1万回!!すごい!? | main | あなたの見ている夕日は、他の人。。。 >>
最新記事一覧
15歳で必要なこと!?
 月曜日は、夜パーティで盛り上がりました(笑)


 沖縄から、美容室経営の仲吉さんも

 喜んでくれてよかった♪

 ヒルズにこる仲吉さん



 私が、尊敬している人の一人に

 吉田松陰先生がいらっしゃいます。



 明治維新を起こした人物を排出したと言われる

 松下村塾を開校していた。


 卒業生は、

 内閣総理大臣 2名
 国務大臣 7名
 大学の創業者 2名 というから驚きです。


 続きは
 >> http://nodanote.noda-net.com/?eid=204579



 この吉田松陰先生が

安政二年一月、野山獄に投獄されていた時に

叔父玉木文之進の嫡子、毅甫(きすけ)の十五歳の元服に

送った手紙に記されている

「士規七則」という武士の心得七か条が

あります。


これまた、ステキです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
書物を開ければ、学ぶべき立派なことが山と載っていて、
私達の心に訴えかけてくる。
考えるに人は折角のその書を読まない。
もし読んでもその得た知識を行動に表さない。

事実、書を読み実践したならば、幾千万年にわたっても
実践しつくす事はできないのである。

ああ、ことさら言うことではなく、ただ実践すれば
良いのである。しかし知っていたら、その事を
言うのが人の情というものである。

昔の人は昔なりに言い、私も私なりに言う。何を慮ることもない、
よってここに士規七則をつくる。


1.
 およそ生をこの世に受けて人となったからには、
 人が禽獣(きんじゅう)と異なるゆえんを
 しらなければならない。

 思うに人には五倫がある。

 そのうち君臣、父子の道が最も大切である。

 だから人の人である真面目は忠孝を根本とすることにある。


2.
 およそ皇国に生まれたからには、わが国が
 世界各国より尊いわけを知っていなければならない。

 思うに、皇室は万世一系であり、士や大夫は代々禄を
 受け地位を継いでいる。

 君主は人民を養い、祖業を継がれ、臣民は君主に
 忠義を尽くし、もって父の志を継いでいる。

 君民一体、忠孝一致、これはわが国だけの特色である。


3.
 士の道は、義より大切なものはない。
 義は勇気によって実行され、
 勇気は義によってますます発揮される。


4.
 士の行為は質実で自分の心を欺かないことが
 肝要である。

 いつわりに巧みであったり、あやまちを飾り
 ごまかすことを恥とする。

 心が明白で邪心なく、行ないが正しく堂々と
 しているのは、みなここが出発点なのである。


5.
 人たる者で、古今の学問に通ぜず、聖賢を師とせず、
 自己の修業をおこたるようでは、

 心のいやしいままで終わってしまうだけである。

 読書や賢人を友人とするのは君子のなすべきことである。


6.
 徳を厚くし才能を磨くには、師の恩や友人の益に
 よるところが大きい。

 それゆえ君子は人との交際を慎重にする。


7.
 死してのちやむの四字(死而後己)は、
 言葉は簡単であるがその意味は広い。

 堅くたえ忍び、果断に実行し、断固として心を
 変えないのは、この死してのちやむの精神を
 ほかにしては道がないのである。


 以上を要約して三つにすることができる。

 即ち、

 1)志を立てて万事の根源とする。
   志を立てることを全ての始まりとする。

 2)交流する相手を選ぶことにより仁義の行為を学ぶ。

 3)書を読み先達の遺訓を学ぶ。

 ということである。



ふむふむ、深く考えてします。

1)まずは、志。

  志とは、夢に公を足したもの。

  夢+公=志


2)交流する相手によって人は決まっていく

3)過去を、先人を学ぶ


これが、大切なんですね。


−−(原文)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

冊子を披繙せば、嘉言林の如く、躍々として人に迫る。
顧ふに人読まず。即し読むとも行はず。

苟に読みてこれを行はば、則ち千万世と雖も得て尽すべからず。

噫、復た何をか言はん。然りと雖も知る所ありて、
言はざる能はざる人の至情なり。

古人これを古に言ひ、今我れこれを今に言ふ。
亦なんぞ傷まん、士規七則を作る。


一、凡そ、生れて人たらば、よろしく人の禽獣に異るゆえんを知るべし。
  けだし人には五倫あり、しかして君臣父子を最も大なりと為す。
  故に人の人たるゆえんは忠孝を本となす。

一、凡そ、皇国に生れては、よろしくわが宇内に尊きゆえんを知るべし。
  けだし、皇朝は万葉統一にして、邦国の士夫世々禄位を襲ぐ。
  人君、民を養いて、もって祖業を続ぎ、臣民、君に忠してもって父志を継ぐ。
  君臣一体、忠孝一致、ただわが国をしかりとなす。

一、士の道は義より大なるはなし。義は勇に因りて行はれ、勇は義に因りて長ず。

一、士の行は質実欺かざるをもって要となし、巧詐過を文るをもって恥となす。
  光明正大、みなこれより出ず。

一、人、古今に通ぜず、聖賢を師とせずんば、すなわち鄙夫のみ。
  読書尚友は君子のことなり。

一、徳を成し材を達するには、師恩友益多きにおり、故に君子は交遊を慎む。

一、死して後やむの四字は言簡にして義広し、堅忍果決、
  確乎として抜くべからざるものは、これをおきて術なきなり。

右士規七則約して三端となす。

いわく
「志を立ててもって万事の源となす。交を択びてもって仁義の行を輔く。
 書を読みてもって聖賢の訓をかんがふ」と、
士まことにここに得ることあらば、またもって成人となすべし。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           感謝!!のだ



●野田宜成☆仕事観(仕事って何だ〜って思ったら)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 http://www.youtube.com/watch?v=bcUjNz3TBdU


ホームページ http://www.noda-net.com
メルマガ登録 http://www.noda-net.com/mail.html

講演も承っています(^O^)/
 過去講演 ⇒ http://www.noda-net.com/semina-.html
 お問い合わせは、⇒ メール info@noda-net.com まで
| 元気が出る・やる気が出る名言・格言たち | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://noda7.jugem.jp/trackback/849116