noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
OTHERS
qrcode
<< 1年を13ヶ月にする方法(笑) | main | 『シンガポール視察おまけ上海レポート』 ■2月 野田宜成★ビジネスサークル 定例ミーティング■ >>
最新記事一覧
転入超過都道府県は日本でいくつ?
 いやー、今日で、1月終わりですね。


すごいです(笑)


今朝のメルマガで

移動のことが載っていました。


さてさて

平成20年

Q1
日本で一番流入の多い都道府県はどこでしょうか?
(転入−転出の人数)


Q2
逆に一番少ない(マイナス)の都道府県はどこでしょうか?
(転入−転出の人数がマイナス)


Q3
転入超過(転入−転出がプラス)の県は
47都道府県中いくつでしょうか?


答えは、下で。


下記のような、移動者数が減っているのと
都市圏の集中が顕在化しているのですね。

 ○ 都道府県間移動者数は13年連続減少
   ・日本人の市区町村間の移動者数は535万6935人と,前年に比べ14万2006人
    (2.6%)減少し,5年連続の減少。
   ・都道府県間移動者数は250万8533人と,前年に比べ7万1005人(2.8%)
    減少し,13年連続の減少。

 ○ 東京都で1万人を超える転入超過数の減少
   ・都道府県別に転出入の状況をみると,転入超過は,東京都,神奈川県,
    千葉県など6都県。前年と比べると,東京都で平成15年以来5年ぶりに
    減少し,その減少幅は,平成5年以来15年ぶりに1万人超。
   ・転出超過は,北海道,青森県,長崎県など41道府県。このうち,三重県は
    前年の転入超過から転出超過に。

 ○ 3大都市圏全体では13年連続で転入超過
   ・3大都市圏(東京圏,名古屋圏及び大阪圏)の転出入の状況をみると,
    東京圏は15万1696人,名古屋圏は1万3525人の転入超過,大阪圏は1万1143人の
    転出超過。3大都市圏全体では15万4078人の転入超過となり,前年に比べ2980人
    減少しているものの,平成8年以降13年連続で転入超過。



  ちなみに、このメルマガは総務省統計局のものです。

  登録はこちらまで
      http://www.stat.go.jp/info/mail/index.htm



県別の転入超過数では
東京がダントツに転入超過です。
それでも、83,000人なんですね。


以降
2位 神奈川県 29,646人
3位 愛知県  24,178人


つまり、Q1の答えは『東京』

Q2が『北海道』

Q3が、なんとたった6県



あなたの県はどうでしょうか?
>> 県別の表
県別転入超過数

詳細
>> http://www.stat.go.jp/data/idou/2008np/kazu/index.htm


さてさて

景気が悪くなると
移動者数も減るということが顕著に現れました(笑)
平19年 179,462 → 平20年172,962人(超過数)


あー、景気悪くなって大変だー


と、思ってしまいます。


どうすればいいんだ?


節約?
じっとしている?


経営者として、自分は節約して
お客様には買ってもらいたい。

それで、いいんだろうか?


景気回復には

一つの方法しかないようです。



それは、

お金を消費すること。



日本人が一人毎日100円今より

多く使ったら

年間36,500円


年間ですから、やれないこともないと思うのです。


それをすると、日本の人口約1億2千万人ですから

36,500円×1.2億人=4兆3800億円になります。



つまり、GDPが約480兆円なので

そのうちの約1%に当たる計算になります。


昨年、今年の経済成長率予測は

マイナスですから


1%にあたるということは

すごいことです。



特に、経営者や経営幹部の人たちは

いやー、不景気、不景気という前に



少しでも、消費をすることを

考える方がいいと思います。



すると、

こんな不景気な時に、お金を使ってもらえる
気持ちもよーくわかりますし


実際に景気上向く一助になりますから(笑)


不景気のときに

ケチ、ケチ作戦を取ると

なかなか浮上できなくなり


負のスパイラルに入ります。


休みの日は、できるだけ

じっとしてないで

移動しましょう!!


すると景気が上向くかもしれませんよー


こんな時代に使うのだから

お店にも喜ばれ
家族にも喜ばれ

そして、自社、自店でも

なぜ、購入して楽しかったかを考え
活かす。


いいことばかりです(笑)




さー、この休み

何に使いますか?

でも、大丈夫な範囲にしてくださいね♪

ホームパーティーもいいですよね。



           感謝!!のだ
 


●野田宜成☆仕事観(仕事って何だ〜って思ったら)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 http://www.youtube.com/watch?v=bcUjNz3TBdU


ホームページ http://www.noda-net.com
メルマガ登録 http://www.noda-net.com/mail.html

講演も承っています(^O^)/
 過去講演 ⇒ http://www.noda-net.com/semina-.html
 お問い合わせは、⇒ メール info@noda-net.com まで
| 【数字で納得!何でも数値!】 | 06:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://noda7.jugem.jp/trackback/847475