noda note 継続経営コンサルタント 野田宜成公式ブログ

  • 継続経営のコツをお伝えします
  • セミナーを開催しています
  • 経営勉強会を主催しています

ビジネスミートができること

_blog_ハ?ナー 2-05.jpg _blog_ハ?ナー 2-07.jpg _blog_ハ?ナー 2-08.jpg _blog_ハ?ナー 2-10.jpg _blog_ハ?ナー 2-01.jpg _blog_ハ?ナー 2-04.jpg _blog_ハ?ナー 2-03.jpg _blog_ハ?ナー 2-02.jpg _blog_ハ?ナー 2-09.jpg _blog_ハ?ナー 2-11.jpg
CATEGORIES

「すべては未来の笑顔のために」

◆著書・監修書籍◆

2eb0ac5fb56576bfe4d571196c96b15b cdc59efcd4098bac267f3614fd49806f 1cbded73351f779f2ec87f1e1d124b6f %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-33-57%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-49-09%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-9-36-43

◆公式Facebookページ更新中◆

LINKS
●野田宜成 講演CD●
「ビジネスで成功するにはコツがある」
「インターネットで独立・開業成功への道」
など、これまでの講演をCDにし、
くり返し聴いていただけるようにしました。
テキストは購入前にご確認いただけます!


ご購入はこちらから
最新の記事
◆コメントありがとうございます!!
  • 【2016】野田宜成と行く 海外視察スケジュール ☆最新☆
    清水美樹 (03/09)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    野田稔子 (11/28)
  • やりたいが出来る会社はこう作る!!SEP(組織エボルブプログラム)セミナー
    木村茂夫 (11/19)
  • 『タイ 気軽 ミニ視察』
    三上 貢弘 (06/29)
  • 「世界と日本とのギャップを知る。うまくいく人とそうでない人のギャップを知る」東京
    浅井薫 (07/05)
  • 世界一の指揮者 カラヤンのモットー!?
    首里です。 (05/15)
  • 【ディズニー☆なぜ、人はディズニーに魅了されるのか】セミナー
    大角 (05/03)
  • 『 山崎拓巳&野田宜成 スペシャルセミナー』in 名古屋
    河村 (04/19)
  • 夢実現&経済&やりたいことを見つけるセミナー講演 in 小倉
    株丹 敏雄 (04/08)
  • 札幌講演 『こんな時代に知っておきたい心とお財布が温かくなる経済学』
    川原 里織 (03/05)
ARCHIVES
PROFILE
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
OTHERS
qrcode
<< 野田です!! 豊か人!? | main | 野田です!! 理解できぬ事を!? >>
最新記事一覧
第34回「日本の未来は、労働時間短縮に、時間当たり賃金アップになっていく!?」
JUGEMテーマ:ビジネス
日本経営合理化協会さん、経営コラム更新されました。
最近、労働に関するニュースが目につきます。
「最低賃金の引き上げ」「労働時間の短縮」などです。
この先どんなことを意識して雇用をしていかないといけないのか?
それを、先日視察に出かけたシドニーで、答えを見つけました。
 
オーストラリアは、最低賃金が高く、17.29オーストラリアドル(約1500円)と、
日本の平均最低賃金は、798円です。約1.9倍なのです。
そして、シドニー、ニュージーランドでもっとビックリしたのが、労働時間です。
 
習慣的に、残業はなく、ほぼ、17時に終わるそうです。そして、土日は完全に休み。
ニュージーランドに嫁いだ日本人の友達に話を聞くと
「もっと稼ぐために土日も働いたら?」とニュージランド人の夫に言うと
「なぜ?何でそこまで?」と、習慣にないので、
残業があるとか、土日出勤というのが分からないようです。

すでに、日本でも日曜日は休み、土曜日も休みが当たり前になっているように、
オーストラリア、ニュージーランドは、土日休み、平日17時までが当たり前なのです。
もし、どうしても残業、休日出勤となると、1.5倍から2倍の割増し賃金を払わないといけないので、
それならば、もう一人雇い時間内に終わらせるという発想になります。
 
どうも、この発想が世界のスタンダードになっていきそうなのです。
 
つまり、
「最低賃金は上がる」
「労働時間は短縮」
 
そうなると、今の日本の雇用方法では、人件費が過剰になり利益が出ません。
 
では、どうすると良いのか?
 
オーストラリア、ニュージーランドでは、2つの方向性になっていました。
1つは、人をなるべく介在しなくても良いようにしているのです。
つまり、無人化が進んでいます。スーパーのレジは、無人化が本当に進んでいます。
 
 
keizoku34no1.jpg
シドニーのスーパー、ほとんどが無人レジ、割合は5台の無人に1台の有人レジ
 
keizoku34no2.jpg
ニュージーランドのスーパーも、無人化
 
そして、空港では、ニュージーラウンド航空のチェックインカウンターには、
ほとんど有人カウンターに人が居ず、無人のチェックイン機械がほとんどになっています。
 
パスポートも自分でスキャニングし、
預け入れ荷物は自分で出てきたタグをスーツケースに貼り、
そして、ドロップする場所に持って行く。
 
 
無人化は、ますます進むでしょう。
 
そういえば、1950年代まで、花形だった電話交換手、・・・・
================================
■より濃い情報を(有料メルマガ・本メルマガ)
  月8回399円 http://www.mag2.com/m/0001213870.html




新たに有料メルマガへご登録していただいた方、


または、既に有料メルマガへご登録の全員へ、



「野田流!経済の読み方ガイド2015」

のPDFのデータ(全36ページ)
をプレゼント致します。


詳しくは
http://nodanote.noda-net.com/?eid=999998
| ★継続経営 百話百行 | 07:13 | comments(0) | - |